​リフォーム費用目安

「リフォームっていくらかかるの?」

部位ごとにご参考下さい

​キッチン

バス

キッチンの交換

​約

75

万円~

対面式に変える

​約

200

万円~

システムバスの交換

​約

120

万円~

浴室を造作する

​約

150

万円~

位置を変えずにシステムキッチン​のみを交換する場合、内装工事が必要ないケースが多いため、工事費用は安く済むその際費用の多くを占めるのはキッチン本体の費用だが、グレードや食洗機などのオプション採用により大幅に費用は変動する

壁付けのキッチンを対面式に変えるなどの位置変更を行うと、配管やレンジフードの延長工事を伴うことになる。位置を変更するときには、LDK全体の内装変更も行うケースが多い。上記はLDK約25㎡の内装工事費も含んだ費用

古い浴室を解体し、新しいシステムバスを設置するための費用。浴室を解体すると、洗面室との間仕切壁が新たに必要になるので、その工事費用も含む。システムバスのサイズや機器のグレード、オプションの採用によって費用は大きく変わる

​自分の好みで浴槽や水栓、内装などを選び、新たに浴室を造作した場合の費用で、システムバスより費用は割高になりがち。浴槽や内装などに用いる素材のグレード、施工の手間で費用は変わる。上記は標準的な浴槽、タイルを使用した場合

トイレ

洗面室

便器の交換

​約

25

万円~

タンクレストイレに交換

​約

40

万円~

洗面化粧台の交換

​約

20

万円~

洗面化粧台を

造作する

​約

20

万円~

洗面化粧台のみを交換する場合、リフォーム費用は機器代が多くを占める。機器代は間口75㎝タイプのもので10万円台からあるが、間口が広いものを選ぶ、収納キャビネットを追加する、鏡や水栓金具をオプションに変更するなどで費用は高くなる

洗面カウンターと収納を造作し、洗面ボウルと鏡、水栓金具をセットする方法。コストが安いものを選んだり、収納を少なくしたシンプルな作りにすれば、費用を抑えることができる。さらに、自分好みのテイストでまとめられることもメリット

トイレの位置を変えず、機器交換だけなら約25万円から可能。機器の費用は、便器や便座のグレードによって大きく変わる。床材と壁材の変更も同時に行う場合は、上記費用に加えて4万円程度必要になると見込んでおいた方が良い

タンクレストイレは、タンクがある便器と比較すると機器代そのものが高くなる。今のトイレに手洗い器がない場合、新たに設置するため、その分の費用も必要になる。手洗い器はグレード、サイズで費用は変わる。機器代のみで約​3万円~となる。

壁・天井

合板の重ね張り

​約

10

万円~

むく材に張り替え

​約

25

万円~

クロス貼替

​約

8

万円~

​珪藻土を塗る

​約

20

万円~

古いフローリングの上に新しいフローリングを重ねて張る場合の費用。きしみがないなど、下地の劣化が進んでいない場合のみ可能。床の厚みが増すので、ドアの開閉や他の床面との段差を考慮し、5~6㎜程度の薄い床材を採用する場合もある

古いフローリングをはがし、下地を施工し直し、新しいフローリングを張る場合の費用。フローリング材の種類・価格により費用は大きく変わる。上記はむく材を使用した場合。一般的な厚みの合板フローリングなら約15万円~となる

古いビニールクロスをはがして、下地の石膏ボードの表面を平滑になるように調整・補修し、その上に新しいクロスを張る。クロスの種類・価格により費用は大きく変わる。上記はごく一般的な価格帯のビニールクロスを使用した場合の費用

ビニールクロスをはがさずに、クロスの上から珪藻土を塗った場合の費用。はがすための工事手間がかからないことや、はがしたクロスなどの廃材処分費用がかからないため、ビニールクロスをはがしてから塗るよりも、費用を数万円程度抑えられる

外壁

屋根

塗り替え

​約

75

万円~

張り替え

​約

200

万円~

塗り替え

​約

60

万円~

葺き替え

​約

100

万円~

外壁に出来た亀裂を補修して、新たに塗装する。上記費用は、モルタル吹きつけ材を使用した場合で、足場代約30万円も含まれる。塗り替えは外壁がそれほど痛んでいない場合に向いていて、美観だけでなく耐候性も向上させることができる

古い外壁材をはがし、下地を工事し直し、新たに外壁材を張る。上記費用は窯業系・金属系サイディングを使用した場合。下地が劣化していない場合は、古い外壁材の上に新しい外壁材を張る「重ね張り」も可能で、費用は約150万円~

金属・スレートの屋根材のホコリや汚れを洗浄し、鉄部のサビ止めなどを行い、再塗装する場合の費用。足場代約30万円も含む。屋根材や下地材に破損箇所があった場合、補修や修繕にかかる費用が別途​必要になる

古い屋根材を撤去し、下地を工事し直し、新らしい金属・スレートの屋根材を葺く場合の費用。屋根材のグレードにより費用は変わる。下地が劣化していないなら、古い屋根材の上に重ねる「重ね葺き」も可能で、費用は80万円~

公開日 2020年01月16日

SUUMOリフォーム 2016年11月号より抜粋

構成・取材・文/山南アオ イラスト/長岡伸行 デザイン/ベター・デイズ 取材協力 /佐川旭(佐川旭建築研究所代表)

© 2023 by Gracious Dwelling. Proudly created with Wix.com

1-800-000-0000   |   lifestyle@reno-lifestyle.com